2021年のwordpress最新情報

wordpressはCMS(コンテンツ・マネジメントシステム)と言われるサイトを管理するソフトです。
その最新情報を超簡単にまとめました。

主にwordpress.orgというサイトが情報源になりますが、Googleで「wordpress 最新情報」と検索しても、一向に欲しい情報が出てこないので自分で調べてみました。(動画を見ただけだけど)

世界のシェアナンバーワンの状況は変わりなし

shopify・・・4.4%(+1.3)
Wix・・・1.9%(+0.4)
Squarespace・・・1.8%(−0.4)
Joomla・・・1.8%(−0.4)
none・・・33.8%(−4.9)※認知されているCMSではないもの
WordPress・・・43.1%(4.0%)

2021年に起こったこと

テクノロジー業界の動きはとても慌ただしかった模様。

企業の合併・買収が右肩上がり

State of the World2021より

テクノロジー業界ではいわゆるM&Aがとてつもない右肩上がりで行われていたようです。

公開株式市場に入った資金流入額がヤバすぎ!

State of the World2021より

このグラフの単位は10億ドル(約1100億円)です。2021年だけ…なにかトンデモナイ額になっています。1,6兆ドル(日本円で…176兆円!?)日本の国家予算を超えちゃっていますw

2021年はこういったテクノロジー業界の大きな動きがあった年だったとのこと。

wordpressが目指す世界、それは想像を超えていた

WordPressも42回の企業買収を行っていた

State of the World2021より

先程の2021年の企業買収やテクノロジー業界への多額の公開株資金流入の流れはWordPressにもありました。なんと42回もの企業買収を行っていたようです。この中には見たことのある会社もあるかもしれません。

WordPressは単なる巨大企業への成長を目指しているのではなく”WordPress”を中心とした巨大なコミュニティ、「コモンズ(共有地)」の形成を目的にしているとのこと。

WordPressというプラットフォームを中心に、様々なサービスが紐付いている状態…とでも言うのでしょうか。

この辺りは詳しくないのでざっくりと…。より具体的な内容を知りたい人は一番下の動画を御覧ください。

wordpressのこれから

WordPressはGutenbergを主にした4段階の変化を計画しています。

フェーズ1…2018年のブロックエディタの登場→コードからブロック操作
フェーズ2…2022年のブロックエディタのテーマ化→ブロックの共有化
フェーズ3…2023年内容不明
フェーズ4…いつなのか、どんな内容なのか不明!ただこの計画が存在しているという事は確かなようです!

どんな変化があるのか…!恐ろしいようでとても楽しみです!!

まとめ〜2022年に向けて

まずはGutenbergに注目して、積極的に使い方を学んでいく必要がありそうです。

これを使いこなせるかどうかで、お客さん自身がやりたいことの幅が大きく広がる可能性があります!WordPressの動向を引き続き見ていきましょう。